業務案内

会計

   
目的 企業の日々の取引を簿記を用いて数字に置き換えて記録し、企業会計原則(すべての企業がその会計を処理するに当って従わなければならない基準)に則って正しくデータ(試算表)としてまとめてご説明させて頂き、その時々の経営状況を正しく把握して頂きます。
   
仕事 簿記や企業会計原則に則った日々の取引の数値化・記録方法の指導や代行、試算表の作成、試算表から見た現状の説明を行います。
   

開業したばかりで何をすればよいのかわかりません。

まずは、日々の取引を数値化し記録していくことから始めます。
具体的には、現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳等の帳簿類の作成がメインになりますが、御社の業務内容や取引内容によって作成頂く帳簿資料はさまざまです。まずはご相談下さい。

 

飲食店を経営しているのですが、日々の取引が多すぎてまとめるのに非常に手間がかかります。もっと効率よくできませんか?

会計ソフトを導入することで、記帳の手間が省け、効率よく入力をして頂くことができます。会計ソフトの導入から入力方法の説明まで当社でサポート致します。

 

取引を記帳したものの、どのように処理をすればよいのかわかりません。

適切な勘定科目の選択や、処理の方法は全て弊所にお任せ下さい。お客様は取引を正確に記帳頂くだけで問題ございません。

 

初めて従業員に給料を支払うことになりました。どのように処理をすればいいですか?

従業員の方に給料をお支払いされる時には、給与から所得税や住民税、社会保険料を控除して支払いをする必要があります。通勤手当の設定や、扶養親族数に応じた源泉所得税の計算、雇用保険料の計算、また社会保険に加入されている場合は社会保険料の計算など、さまざまな付随業務が必要になりますので、一度ご相談頂き、必要であれば社会保険労務士にサポート頂きながら進めていくことになります。

 

試算表の見方がわかりません。

試算表からは会社の経営成績、資金繰り状況、粗利益率、損益分岐点などさまざまな情報を得ることができます。試算表をしっかりと見ることができるようになるだけで、現状の把握や課題の発見など経営に欠かせない貴重な情報がわかりますので、きちんと試算表の内容をご理解頂けるように説明して参ります。ぜひ有効に活用して下さい。

 

日々の経理業務で特に気を付けることは何ですか?

日々の取引は企業会計原則に基づいて処理をしていきますが、特に、売上の計上基準は税務上問題となりやすい項目です。具体的には「いつの時点で売上を計上するのか」ということで、商品を発送した日・商品が到着した日・代金を回収した日等、計上時期はさまざまです。ケースに応じて適切な判断が必要となります。

コメントは停止中です。

トップへ戻る