最新税務知識

税務・会計

33(33件中 25~30件を表示)

税務・会計 消費税法改正について H26年4月1日から消費税率が8%に

 平成26年4月1日以後に行われる資産の譲渡等並びに課税仕入れ及び保税地域からの課税貨物の引取については8%(消費税率6.3%及び地方消費税率1.7%)が適用されます。  つまり、平成26年3月31日までは5%の消費税率 …続きを見る≫

税務・会計 中小企業の交際費 損金算入800万まで可能に(減税) 25年度税制大綱より

 交際費等の損金不算入制度における中小法人に係る損金算入の特例について拡充が行われ、平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間に開始する各事業年度より適用されます。  現行の税制上、中小法人等が支出する交際費等に …続きを見る≫

税務・会計 食事の現物支給は所得税の課税対象になる?

会社が社員に昼食などの食事を用意して支給するケースは珍しくありません。その際、食事そのものが所得税の対象になるのかどうかは会社としては気になるところです。社員のことを考えると非課税にしてもらいたいところ。食事の現物支給が …続きを見る≫

税務・会計 もうすぐ確定申告! 経費になる、ならないの分岐点は?

個人事業者の方は、年が明けると確定申告をしなければいけません。 そのなかで関心が高いのは「どのような支出が必要経費になるか、ならないか」です。毎年のことですが、正しい申告をするためにも、この機会にいま一度覚えておきましょ …続きを見る≫

税務・会計 税務調査でもポイントになる売上の計上基準と費用との対応関係とは?

御社では、売上をいつ計上していますか? 現金商売なら現金受取(商品引渡)時でよいのですが、掛け売りの場合はそうはいきません。請求してから入金まで1、2ヵ月、あるいはそれ以上かかる場合があるからです。 会社にマッチした売上 …続きを見る≫

税務・会計 外注費と認められるには要件が。給与との違いはどこにある?

会社が人に支払う費用として、主に給与と外注費がありますが、このふたつは税務・会計上の取り扱いが異なります。 消費税に関しては給与が非課税、外注費が課税対象となります。 「雇用契約の有無」「指揮監督の所在」が大きなカギ 給 …続きを見る≫

トップへ戻る