最新税務知識

最新税務知識

64(64件中 55~60件を表示)

税務・会計 食事の現物支給は所得税の課税対象になる?

会社が社員に昼食などの食事を用意して支給するケースは珍しくありません。その際、食事そのものが所得税の対象になるのかどうかは会社としては気になるところです。社員のことを考えると非課税にしてもらいたいところ。食事の現物支給が …続きを見る≫

税務・会計 もうすぐ確定申告! 経費になる、ならないの分岐点は?

個人事業者の方は、年が明けると確定申告をしなければいけません。 そのなかで関心が高いのは「どのような支出が必要経費になるか、ならないか」です。毎年のことですが、正しい申告をするためにも、この機会にいま一度覚えておきましょ …続きを見る≫

税務・会計 税務調査でもポイントになる売上の計上基準と費用との対応関係とは?

御社では、売上をいつ計上していますか? 現金商売なら現金受取(商品引渡)時でよいのですが、掛け売りの場合はそうはいきません。請求してから入金まで1、2ヵ月、あるいはそれ以上かかる場合があるからです。 会社にマッチした売上 …続きを見る≫

税務・会計 外注費と認められるには要件が。給与との違いはどこにある?

会社が人に支払う費用として、主に給与と外注費がありますが、このふたつは税務・会計上の取り扱いが異なります。 消費税に関しては給与が非課税、外注費が課税対象となります。 「雇用契約の有無」「指揮監督の所在」が大きなカギ 給 …続きを見る≫

税務・会計 「赤字にすれば税務調査が来ない」は大きな誤解。全調査の3割は赤字企業に!

春は税務調査が多い季節でもあります。「うちは赤字で税金を払っていないから税務調査は来ない」。こんなことを考えている方は少なくないでしょう。 しかし、赤字会社には税務調査が入らないものなのでしょうか? 赤字法人への調査数の …続きを見る≫

税務・会計 意外と間違えやすい印紙税。ちょっとした工夫で印紙の節約が可能に!

印紙税は契約書など経済取引に関連して作成される文書に課税される税金。 文書の内容や金額で税額が変わってくるため、実務担当者も間違えやすいものです。ここで、印紙を節約できるちょっとした工夫についてご説明いたします。 親子会 …続きを見る≫

トップへ戻る