最新税務知識

事業保険の必要性について

今回は当事務所でも力を入れております事業保険について説明させていただきます。

事業保険の目的は、「中小企業と経営者の財務や財産の面で安定した将来を確保する。」ことですが、まず考えなくてはならないことは、経営者の方にはリスクがある、ということです。

経営者の抱えるリスクには、ご自身に万が一の事(死亡や病気等)があった時、会社経営が不能になったり、売上が減少して経営難に陥ることが第一にあげられます。

そのリスクヘッジのために、どうしたらよいのか?ということで、事業保険の必要性が出てきます。

 ・事業の維持、継続に必要な保障を準備する。

・事業の税金対策や、債務保障のための対策を考える。

 そのための手段の一つとして保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

次に保険の選び方について説明させていただきます。

まずは、事業経営者に適した保険種類、保険金額、保険期間、支払保険料など設計の作成を依頼することが重要です。

私達税理士事務所では、お客様の財務状況を把握させていただいておりますので、その状況を基に標準保証額(経営者の方に万が一の事があった時に必要になる金額)を算定し、お客様に保険の提案を行っております。

 提案を受けた後は、

・事業の維持、継続の必要性

・役員の退職金積立

・相続対策

・債務保障 などをふまえて、経営者の皆様のご判断で選択していくことができます。

 

また、従来の保険の見直しも必要です。加入をしたら一生涯の商品と考えずに、会社の規模の拡大、経営状態、債務保障の増減に適した保険の見直しを行って下さい。

最近の情報では金利や平均寿命の変化により、掛捨て定期保険の保険料が安くなっているようです。見直しを考えている方は保険会社や会計事務所に是非、相談してはいかがでしょうか。

 

 

 


2018年06月20日

【こちらもチェック!】経営支援の関連情報

コメントは停止中です。

トップへ戻る